So-net無料ブログ作成
検索選択

大口病院点滴異物事件で看護師間にいじめがあった?なぜ放置したか? [ニュース]

大口病院4階の看護師の間でいじめがあったといわれています。

看護師間のいじめを放置したせいで点滴異物混入事件に発展したのでしょうか。

今回は、大口病院4階の看護師間のいじめと、いじめの放置が点滴異物混入事件に発展したのかについてまとめてみました。



広告






<大口病院点滴異物混入事件で看護師間にいじめがあった?>



001.jpg

引用元:ttps://life-hacking.net/


神奈川県横浜市の大口病院で起きた点滴異物混入事件ですが、看護師の間でいじめが起きていて、それが事件の間接的な原因になったと「女性セブン」が報じています。

大口病院では今年4月から悪質な「事件」が起きていました。

すでに報道されている「事件」を列挙しますと、4月に「注射針針山事件」「白衣切り裂き事件」、6月に「カルテ抜き取り事件」、8月に「ペットボトル異物混入事件」となります。

「注射針針山事件」は、ある看護師のふで箱に、注射針が少なくとも10本以上刺され、まるで針山のようになっていたそうです。

「白衣切り裂き事件」は、4階ナースステーションの壁に掛けられていたある看護師の白衣がハサミでズタズタに切り裂かれていました。

「カルテ抜き取り事件」は、4階に入院中の患者のカルテが抜き取られ、後日、別の階の看護部長の机から発見されています。

そして「ペットボトル異物混入事件」では、差し入れのペットボトル飲料に注射針で異物(漂白剤といわれています)が混入されています。

知らずに飲んだある看護師のくちびるがただれる被害がありました。

今年の4月から続いた大口病院4階の一連の悪質な「事件」ですが、被害者はすべて、一人の若い看護師だったといいます。

仮に看護師Aさんとします。

一連の「事件」が看護師Aさんだけを狙ったものだとすれば、これは悪質な「いじめ」ですよね。

看護師Aさんは「ペットボトル異物混入事件」で強い恐怖を感じ、8月に「病院から嫌がらせを受けている」と警察に相談しました。

しかし事件化はしなかったそうです。

「ペットボトル異物混入事件」の有力な証拠となる異物が入ったペットボトルを大口病院が処分してしまったからだといいます。

看護師Aさんは8月末から休職し、有給を消化してから9月末に大口病院を退職しています。



広告






<大口病院は看護師間のいじめをなぜ放置したか?>



大口病院はなぜ看護師Aさんへの悪質ないじめを放置していたのでしょうか。

大口病院の高橋洋一院長は看護師から聞き取りはしましたが、犯人の特定まではしなかったそうです。

病院側は「看護師の間のゴタゴタ」くらいの認識だったんでしょうね。

もちろん警察に相談などしていません。

病院内のトラブルを公(おおやけ)にしたくない気持ちは分からなくもないですが、「ペットボトル異物混入事件」は手口が点滴異物混入事件と似ているだけに、その時点でしっかり対応していれば事件は防げたかもしれません。

看護師Aさんにしてみれば、悪質ないじめを受けているのに病院は見て見ぬふりだったわけです。

さぞやつらく恐かったことでしょう。

看護師Aさんのいじめの状況を見かねた同僚の看護師(看護師Bさんとします)の夫が、横浜市にメールで通報しています。

ツイッターでも大口病院で起きていたいじめを告発しました。

ツイッターで「FUSHICHOU」を名乗っていた男性が、看護師Bさんの夫だったんですね。

大口病院4階でいじめが起きたきっかけに、不公平な人事査定があったといいます。

以前からえこひいきがあったり、仕事の振り分けが偏っていたりといった不平不満があって、看護師同士で言い争いにまでなったことがあったそうです。

この人事査定の不満がいじめの原因なら、えこひいきされていたのは若い看護師Aさんで、そのことを良く思っていない看護師Xが一人か何人かいたということでしょうね。

実は、看護師Aさんとトラブルを抱えていた看護師がいます(看護師Cさんとします)。

もしかしたら「看護師同士で言い争いにまでなった」のは、看護師Aさんと看護師Cさんだったのかもしれませんね。

では、いじめの犯人も看護師Cさんだったのでしょうか。

もし看護師Cさんが犯人だったら、あまりにもベタすぎて驚きますけど。

看護師Cさんは大口病院で働き始めてから1年ちょっとだそうです。

看護師Cさんは極度の潔癖症で、職場ではちょっと変り者として扱われていたそうです。

寝たきりの患者に暴言を吐いて注意されたこともあるそうで、どうやら一癖ある看護師のようですね。

看護師Cさんは現在も大口病院に勤務しています。

マスコミは看護師Cさんが犯人に最も近いと思って、逮捕されたときのために映像や画像を集めているようですが、実際のところは分かりません。

せめて「ペットボトル異物混入事件」の段階で大口病院がしっかりとした対応を取ってくれていれば、点滴異物混入事件で入院患者が中毒死する事態に発展しなかったのではないかと悔やまれます。


<大口病院点滴異物混入事件で看護師間にいじめがあった?のまとめ>



大口病院4階の看護師Aさんが悪質ないじめの被害に遭っていた。

大口病院はいじめの実態を把握するも何ら対応しなかった。

看護師Aさんの同僚の看護師Bさんの夫がメールで横浜市にいじめを通報する。

夫(FUSHICHOU)がツイッターでいじめの実態を告発する。

看護師Aさんは8月末で休職、9月末で退職。

看護師Aさんは看護師Cさんとトラブルを抱えていた。

看護師Cさんは職場でちょっと変り者扱いをされていた。

大口病院4階では人事査定に関する不平不満が吹き荒れていた。

不平不満がいじめに発展した可能性が。

いじめを放置したせいで点滴異物混入事件に発展した可能性もある。


今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

まさきちでした。



広告



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。